太りにくい体にしてくれる低GI食品

低GI食品

食べるものはすべて「太る」っと思いがちですが、そうではりません。

 

ついつい、お腹がへることでたくさん食べてしまうために、食欲抑制の薬などがありますが、その他にも食べても太りにくいという「低GI食品」もあります。

 

あくまでも太りにくい食品と位置づけられ、脂肪予防に役立てることができます。
これが「GI食品」に注目され、低GI食品を選んで食べるという方法で、つらいカロリー制限がないことから、実践する人が増えているそうです。

 

GI値は、グリセミック・インデックスの略で、炭水化物が体内で分解され、糖に変わるまでのスピードを表した数値のことになります。

 

GI血の低い食品は、食べても血糖値が急激に上がらない、そのため、インスリンも過剰に分泌されることはない。低いGIダイエットは、血糖値とインスリンの作用をダイエットに利用したもの。

 

膵臓から分泌されるインスリンは、体内に入った頭を速やかに各組織へ送る、いわば誘導派のようなものになります。食事から糖質まで取って、血糖値が上がると、インスリンが分泌されて、糖を各機関へ誘導して幾、すると血糖値は緩やかに下がっていく。一方、糖質を多く含む食品を食べたり、どかづ慰したりすると血糖値は急激に上がり、その分誘導するインスリンも多く必要になり、過剰に分泌される。

 

過剰なインスリン量をした体は余った頭を蓄積するために、この藩のによって頭は脂肪へと変えられ、蓄積するために、太りにくいとされています。

 

これが低いG1食品になるわけですね。

 

低GI食品として「ソバ、玄米、チーズ、キノコ、ほうれん草」など、普段から意識することで、太りにくい体にしてくれると思います。