肥満度の検査

体格指数であるBMIとは?

ダイエットに興味のある人なら「BMI」という言葉を耳にしたことがあると思います。
BMIは、ボディーマウスインデックスの略で、
体重÷身長÷身長で産出される体格指数のことになります。

 

トップページでも話したように、
サノレックスを病院で処方してもらう患者は「35」の数字が必要です。

 

国内の標準体重が18〜20とされているために、かなりヒマンノヒトニサノレックスが処方されるのがわかります。

 

日本では、統計的に最も病気になりにくいとされるBMIが22を基準に18.5が低い体重が低体重とされ、25以上が肥満と言う数値にしているんだって。

 

あと、肥満度についてですが、4段階に分かれているそうで、

  • 25以上 25未満=肥満度1
  • 30以上 30未満=肥満度2
  • 35以上 35未満=肥満度3
  • 40以上 40未満=肥満度4

 

たとえば、私の場合は身長160cmで体重は52kgなので、計算すると20と言う数値が出てきます。

 

ただし、BMIの数値で25以上の肥満と出たとしても、それが必ず肥満で病気に関係するというわけではありません。しかし、基準よりも高いということは事実なために、出来るだけ食事の管理や運動などは心がけたいものですね。

 

肥満と言うのは、見た目だけでなく、体の至る部分にかかわってくるために、出来ることなら正常の体重を意識することが一番だとは思います。