タバコで血の流れが悪くなる。

医師に相談が一番

食欲を抑制し、普段よりも食べる量を減らすことで、ダイエット効果が期待できる「サノックス」。

 

しかし、だからといってだれしもサノレックスを服用することができるわけではなく、
たとえば、
「緑内障患者、重症度の高血圧患者、アルコール依存症、うつ病、パニック障害、統合失調症、妊婦」
の方は禁止されています。

 

では、タバコを吸う人はどうなのか?

 

基本的に、タバコを毎日吸う人でも、サノレックスの服用は可能とされているそうです。

 

ただし、タバコは嗜好品の一つなので、成分や体に及ぼす影響から考えると、一種の薬物になります。
そのために、相合作用の影響で効き目が弱まったり、副作用が増える恐れがあります。

 

タバコの種類や、一日の本数などで、異なると思いますが、
もしかしたら、タバコの量を減らしたり、禁煙することもあるのかもしれません。

 

処方される病院や美容クリニックなどで異なると思います。

 

どうしても、タバコの含まれているニコチンには血の流れや、血圧など、敏感に関係し、そのなかで、サノレックスなど脳内に関連する薬を服用すると、色々な作用が起こるために、気をつけなくてはいけない所も多くなると思います。

 

まずは、安心して服用を考えるために、かかりつけの医師に相談をすることが重要になると思います。