サノレックスを服用すると不眠や不安、混乱などが起こる?

効果があれば副作用もおこる

サノレックスを服用することで、脳内の視床下部にある接食を調整に作用するために、普段とは異なり、食用を減らしてくれます。

 

これがサノレックスの良い面となります。
しかし、薬全般に言えることですが、悩んでいる部分だけでなく、他にも作用する「副作用」が起こるために、十二分に心がけて使うことが必要になります。

 

特に、効果が強いほど、体内のいたる部分に作用するのも強くなるために、どうしても副作用が起こりやすくなります。

 

サノレックスの副作用

さて、このサノレックスの副作用についてですが、特徴的に起こるのが離脱症状です。
つまり、服用しているときに、急に辞めることで副作用が起こりやすくなり、
「不眠、不安、混乱、震え」
など、起こりやすくなります。

 

この原因としては、急に中止することで、精神的な変動が起こることで、発症するそうです。
そのために、やめるときは、使用量を徐々に減量していくことが大切になります。

 

それからもう一つ、
私は、サノレックスを服用したことはないので、はっきりとしたことは言えませんが、基本的にサノレックスを始めて服用する人は副作用が起こりやすいそうです。

 

特に、初期の段階で
「口の渇き、吐き気、便秘、睡眠障害、頭痛、動悸」
など、脳内の神経伝達物質などに作用するために、今までとは違うことが起こるために、全体に異変が起こり副作用の発症率が高くなるそうです。

 

ちなみにですが、サノレックスの副作用の発症率は20〜30%です。これは薬の中でも副作用の発症率はかなり高いために、気をつけなくてはいけませんね。