糖に脂身が体内で作られる

甘いものの食べ過ぎには注意

甘いモノが嫌いな人はいないと思う。
ストレス解消などに甘いモノを食べると心が健やかになる。

 

しかし、食べ過ぎることで太ってしまうために注意が必要です。
まぁ、常識といえば常識なんですが、、、
甘いものには必ず”糖”がついてきます。これが、体内に脂身に直結するために、太ってしまうわけです。

 

体脂肪を増やしたくないのなら、揚げ物や肉の脂身を殆ど食べないようにしている人もいると思う。たしかに、これは重要な事なんですが、甘いモノを食べ過ぎていれば、結局同じようなことが起こります。

 

とうのも、中性脂肪を作る2台原料が糖質と脂質なんですね。
糖質といえば、砂糖やご飯、パン、糖類などに多く含まれています。食事から摂取した糖質は胃や小腸などでブドウ糖に分解された後に、血液によって全身い運ばれてエネルギー源になる。

 

これは、人間が生きていくためには必要不可欠な栄養分。しかし、糖質を取ることが問題です。

 

どうしても、摂取し過ぎると、分解したブドウ糖の濃度が高まります。これをインスリンが多いといいますが、すると、ブドウ糖は筋肉や脂肪細胞に取り込まれるために、この時に、脂肪細胞の中でブドウ糖は脂肪酸に変化するのですが、その種類はステアリン酸やパルミチン酸といった肉の脂身に多い飽和脂肪酸になる。

 

血液期中にブドウ糖は、食後一時間ぐらいに最も増え、過剰分はすぐに脂肪へと変化してしまいます。

 

これが糖分による太る原因です。
そのために、糖分が原因で太ることを抑えるためにアカルボースという医薬品を服用する女性も増えているそうです。

 

こちらの薬は、糖を70%カットする作用があり、そのまま体外に排出するために、脂身にならないために、太らない。

 

ただし、脂身にならない分、気体として残るために、おならが出やすくなるという副作用もあるそうです。
ダイエットの効果はあるが、それなりの副作用もあるために注意。